ページ `way of life` wallsに寄せて

February 8, 2017

なぜ壁が気になるのだろうか?

気がつくと街歩きの楽しみのうちの

醍醐味になっていた。

最初は意識していなかった。

テーマとか決めて撮り始めたわけでもない。

 

じつに多くの気になる壁がある。

建物の概観全体の壁かもしれない。

それは看板かもしれない。

色や模様かもしれない。

今、壁というと、メキシコとアメリカの国境に壁をつくる、

だとか、少し古いけど、壁ドン、だとか連想されるけれど。

 

先日、経済学者の森永卓郎氏が

‘もしメキシコ、アメリカに壁を作るのなら、1メートルあたり

の単価で芸術家を募り、絵を描く権利を売ってペインティングや

絵画で埋め尽くせばいい、経済にも人々の精神にも良いのでは‘

なんてラジオで話をしてたが。

 

写真に収めたくなる壁たちは実に風変わりで、個性的で、時に

主張が激しく、時にひっそりと息を潜めていたりする。

テーマを決めて撮り始めたわけでは決して無い。

でも、壁を撮影し続けたいと自然発生的に今は意識しているのである。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

本サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を固く禁止します。

Reproduction or appropriation of HTML, images, and photographs from within this site is prohibited.Copylights©2020

Hiroshi Terauchi All reserved

  • Black Instagram Icon

​Hiroshi Terauchi